セラミック治療

むし歯を削って詰めたり、被せたりするのはあまりよくありませんが、今までお口の中に入っている金属をセラミックに交換し、少しでもお口の中の環境をより良い状態に近づけます。

歯に詰めてあったり、被せてある金属を取り除き、お口の中で写真を取り、その写真のデータから約1時間程度でセラミックをその場で削り出していきます。それをお口の中に戻し、調整すれば金属とセラミックの交換が終了します。

1日(1回)の治療でセラミック製のものに交換することができます。

セレックとは

セラミックの補綴物(詰め物や被せ物)を、短時間で正確に作製することができる機器です。今までは技工所へ依頼をして、技工士によって作製されたものを当院まで届けてもらうというフローだったため、補綴物が患者さんのお口の中に入るまでには数日~数週間要しておりました。

しかしこの機器があればその手間を省くことができ、型取りをした当日や翌日には補綴物を入れることができます。また、コンピューターによってより精密に形や色をシミューレションしながら作製することができるので、より精密なものが出来上がります。

脱金属を目指しています

金属を使わない治療

むし歯を削った後にはプラスチックの詰め物をしたり、金属の冠を被せたりしますが、どちらの方法でも一生もつかといわれれば、残念ながらそうではありません。

プラスチックの詰め物は詰めた所に光を当ててプラスチックに硬化させる際にわずかですがプラスチックが収縮します。つまり小さくなってしますのです。このことによって歯とプラスチックとの間に微小なすき間ができてしまうことになります。やがてそのすき間からお口の中の細菌が侵入し再びむし歯を作ってしまったり、詰め物がとれてしまったりというような事が起こります。

一方金属を被せたり歯の中に嵌め込んだりする際には、金属を歯科用のセメントでくっつけます。金属の製品は天然歯に比べて熱膨張率が大きいため、口の中に繰り返し熱い食べ物・冷たい食べ物が入ってくることによって、金属が少し大きくなったり、小さくなったりを繰り返すことになります。これにより、歯と金属のすき間を埋めていたセメントが徐々に溶け出してしまい、やがてやはり中から再びむし歯を作ったり、被せた物、詰めた物がとれてしまったりということが起きます。

そのまま放置しておくと知らず知らずの間にむし歯が進み、やがて神経を取らなければいけなくなってしまったり、歯が中で折れてしまうことにもなってきます。そのような状態にならないようにするためにも極力歯は「削らない」「被せない」「金属・プラスチックは入れない」という事が大切です。

金属アレルギー

またお口の中の金属が原因となり頭痛や肩こりを起こしたり、皮膚がかぶれる等の症状があらわれることがあります。これが金属アレルギーです。日本の保険制度の中で使用されている金銀パラジウム合金は、歯科の先進国であるドイツでは禁止されている素材です。お口の中で黒く変色してしまうような金属は、お口の中にいつも錆びを入れているのと同じです。

どうしても詰めたり、被せたりしなくてはならない時には、ご自身の歯の性状によく似たセラミックをおすすめします。

料金のご案内

PGAインレー 小臼歯・単純
¥25,000
PGAインレー 小臼歯・複雑
¥40,000
PGAインレー 大臼歯・単純
¥30,000
PGAインレー 大臼歯・単純
¥45,000
PGAクラウン・4/5冠 小臼歯
¥70,000
PGAクラウン・4/5冠 大臼歯
¥90,000
メタルボンド
¥100,000
エンプレスクラウン・ベニヤ 前歯・小臼歯
¥55,000
エンプレスクラウン・ベニヤ 大臼歯
¥60,000
エンプレス+ステイン(エンプレスクラウンに追加)
+¥15,000
セレックインレー
¥35,000
パールCr(ジルコニア)
¥80,000
タイザンCr(ジルコニア+Poc.)
¥100,000
ページトップへ