ホーム>歯周病内科治療

歯周病内科治療

薬で治す歯周病

薬で治す歯周病

最近の研究で薬剤を使って歯周病の治療を行った結果、大変良好な結果が得られたことが報告されています。
当院でも実際、薬を使った歯周病治療を行ったところ、従来の治療法に比べて痛みもほとんどなく、とても多くの患者様に喜んでいただいております。
一言で薬をつかって歯周病を治すと言っても、そのためには正確な診断が必要となります。ご自身のお口の中にどのような種類の歯周病の細菌やむし歯の細菌が 存在するか、また、その細菌の数は多いのか、少ないのか、これらのことを調べることによって、歯周病になりやすいか、むし歯になりやすいのか、また進行し やすいのかどうか等さまざまなことがわかります。

1, 異相差顕微鏡で歯垢の中の細菌を確認します

1つめは異相差顕微鏡を使って、ご自身の歯垢(プラーク)の中にいる細菌を直接確認します。
そして歯周病特有の細菌が見られればその細菌に特異的に効果のある薬剤を用いて除菌していきます。その後お口の中を清掃し(除石、P-cur)細菌を除去、及び細菌数の減少をはかり、お口の中をきれいな状態に改善していきます。

2, リアルタイムPCR法で歯垢の中の細菌を確認します

2つめはリアルタイムPCR法といい、これはご自身のお口の中の歯の回りの細菌数を調べる検査で、当然、体の中で害を及ぼす細菌は数が少なければ少ないほど、体にとっては良い状態といえます。
治療の目的とする歯周病原因菌やまたむし歯の原因菌のDNAを調べることによって、お口の中の菌の数で健康状態を把握することができます。
事実長期にわたりお口の中がきれいで安定している患者さんは菌の種類も数も少ないまま維持出来ていることが確認できます。どうか一度ご相談ください。お待ちしております。