ホーム>床矯正

床矯正

保護者の方にお願い

お子さんのお口の中をよく見てみましょう

本当に良い治療とは

むし歯があるかないかを見るだけではありません。現在は10人中4人のお子さんが全く虫歯が無いのにも関わらず歯並びが悪くなってきてしまっているのが現状です。40%の子供達は何もしないでおくと歯並びが悪くなってしまうのです。

本当に良い治療とは

ひと昔前は乳歯の時の歯並びが悪くても永久歯に生えかわるまで、様子を見ましょうとか言っていましたが、永久歯に生えかわってから矯正治療を開始すると上下で4本の歯を抜いて矯正治療するケースがとても多くなってしまいます。むし歯も何も悪いところがない永久歯を4本も抜いてまできれいに歯を並べることが本当に良い治療と言えるのでしょうか?自分自身でも疑問に思うことが臨床を20年以上続けているうちに多くなりました。
ただでさえ歯列(歯の並んでいるアーチ型)が小さな子供の歯を抜き、さらに歯列を小さくしてまで歯をきれいに並べる必要があるのでしょうか。大人になって生活をしていく上でなにか不具合を起こさないでしょうか?当然歯の数が少なくなり噛む力(咀嚼力)は落ちてしまいます。
また歯列が小さくなることによって舌の収まりが悪くなり、落ち着きがなくなったり、イライラしたり、頭痛、肩こりを起こしてしまったり、そんな危険をおかしてまで見た目を良くする必要があるのでしょうか?そんなことを思っている頃に出会ったのが床矯正治療です。ほとんどの場合歯を抜くことがなく、歯列を大きくしてやることで歯の生える場所を作ってやることができるようになりました。
お口の中に入れ歯のような装置を入れ(取り外しは自分で行います)装置のネジを巻くことによって歯と歯の間を広げていきます。抜歯してから矯正治療を行う方法と比べても費用が少なくすみますし、なにより4~5歳頃からでも矯正治療を始めることができます。小学校に入学する前にすでに矯正治療が終了してしまったケースも多くあります。歯並びの悪いお子さんの場合は、少しでも早く矯正治療を開始してやることが最も重要です。
お母様方もう一度お子さんのお口の中をよく見てください。
お子さんの歯並びについて気になる方はご相談下さい。