ホーム>すずき歯科の考え方

すずき歯科の考え方

なるべく削らない治療を

長生きする歯としない歯の”違い”

あなたの常識が変わります!!

これまで患者様と接してきた20余年の臨床経験において得た経験則として「最後まで残る歯は”治療経験の無い歯である”という事実です」。
簡単に言えば「手を入れない歯はとても長生きする」という事であり、逆を言うと「治療を受け続けている歯は次の治療を受ける傾向が強く、最終的に抜歯にいたる可能性が高い」という事であります。
歯は生き物です。
そこには神経も通い、成長し、その位置も年月によって移動していきます。
そのため「削る」「穴を開ける」などの治療を受けた歯ほどトラブルがおきやすくなり、更には神経を取ることとなった挙句、抜歯に至ってしまうのです。
「長生きする歯」とは終始、健康でいる歯を目指す事です!。
 

予防歯科を実践しましょう

20年位上の臨床経験で気づいたこと

これまでも、むし歯に対する「早期発見」「早期治療」の重要さが認識され、テレビで雑誌や本で、学校で、職場で啓蒙されてきました。CMなどを見ても「ブラッシングでむし歯、歯周病を予防」と絶えず流れており、意識せずにはいられません。
それにもかかわらず、日本は先進国の中でも「むし歯の罹患率(りかんりつ:発生率のこと)が非常に高い」というデータが出ています。なぜでしょうか!?
それは、「本当の予防の考え方」が浸透していないからです。
私たち歯科医師は”神様”ではありませんので、いかに時間をかけて丁寧に治療を行っても(どんなに高い治療技術を使っても)いったんむし歯になってしまった歯を元の状態にもどす事はできません。
「削る」「被せる」治療を行なっていく以上、歯が元の状態より”脆く”なってしまうのは仕方の無いことなのです。
 

歯はできるだけ削らない

むし歯はできるだけ削らない

むし歯治療の繰り返しを防ぎ、抜歯に至らないようにするためには「できるだけ削らない」「被せない」事が大切です。
これは「むし歯をそのまま放置しておく」ということではありません。定期診断にしっかりと通っていただき、むし歯を”進行させないように様子を見る”という事なのです。(ここが他医院と大きく違うところです)
むし歯を「見つけて」「削る」というのはいってみれば”最終手段”です。不幸にも進行がすすんでしまっているむし歯には、確かにそれも必要な処置といえます。
しかしながら、そのむし歯の進行を遅らせ、歯へのダメージを少なくすることが出来たとしたらどうでしょうか・・・。
むし歯治療における「早期発見・早期治療」というのはいわゆる、「むし歯を発見したとき、様子を見て進行を食い止める」事を指します。
ですが、当院では更にその前段階である「超早期発見・経過観察」を実践・啓蒙しております。
そしてこれが当院の変わらぬ方針と特長なのであります。