ホーム>脱金属を目指します

脱金属を目指します

お口の中になるべく金属を入れないようにしたいと思っています

むし歯を削った後にはプラスチックの詰め物をしたり、金属の冠を被せたりしますが、どちらの方法でも一度行ったら一生もつものかといわれれば、残念ながらそうではありません。プラスチックの詰め物は詰めた所に光を当ててプラスチックに硬化させる際にわずかですがプラスチックが収縮します。つまり小さくなってしますのです。このことによって歯とプラスチックとの間に微小なすき間ができてしまうことになります。やがてそのすき間からお口の中の細菌が侵入し再びむし歯を作ってしまったり、詰め物がとれてしまったりというような事が起こります。
一方金属を被せたり歯の中に嵌め込んだりする際には金属を歯科用のセメントでくっつけます。金属の製品はあなた自身の歯に比べて熱膨張率が大きいため、口の中に繰り返し熱い食べ物、冷たい食べ物が入ってくることによって、金属が少し大きくなったり、小さくなったりを繰り返すことになります。これにより、歯と金属のすき間を埋めていたセメントが徐々に溶け出してしまい、やがてやはり中から再びむし歯を作ったり、被せた物、詰めた物がとれてしまったりということが起きます。
そのまま放置しておくと知らず知らずの間にむし歯が進み、やがて神経を取らなければいけなくなってしまったり、歯が中で折れてしまうことにもなってきます。そのような状態にならないようにするためにも極力歯は「削らない」「被せない」「金属は入れない」という事が大切です。

金属がアレルギーを起こすことも

またお口の中の金属が原因となりアレルギーを起こしたり、頭痛や肩こり、又は皮膚がかぶれる等を起こすこともあります。どうしても詰めたり、被せたりしなくてはならない時には、ご自身の歯の性状によく似たセラミックをおすすめします。
日本の保険制度の中で使用されている、金銀パラジウム合金は歯科の先進国であるドイツでは禁止されている素材です。お口の中で黒く変色してしまうような金属はお口の中にいつも錆びを入れているのと同じです。

お口の健康を守ることが全身の健康にもつながる

お口の健康は全身の健康につながります。定期診断を受けることでお口の健康を守り、全身の健康を守りませんか?皆様からのご相談をお待ちしています。

当院の安全システム

治療前の説明、契約、保証システムを設けています。
追加の支払い等、経済的な心配をすることなくより高度な治療を受けて頂けるような体制を整えています。また、減菌に関しても地域NO1を目指して長年取り組んでまいりました。

皆様のおこしをお待ちしています

むし歯であっても早期に治療終了を希望される患者様にはほとんどむし歯を削ることなく薬剤を利用して(ドクベストセメント)むし歯の治療を完了させることも可能です。(一部、痛みがすでにあったり、神経の治療が必要な重度のむし歯は除く)ぜひ一度ご相談ください。